ホワイトニングでは白くならない歯があります

妻に黄色いと言われ、ホワイトニングってのがあった筈と調べてみました。一口にホワイトニングといっても奥が深いのですね。歯の黄ばみに悩んでいる方の参考になれば幸いです。 自分でホワイトニングを行うセルフホワイトニングは、安価で手軽なので始め易い方法ではあります。しかし歯が白くない原因によっては、ホワイトニングでは白くすることが不可能な場合があるのです。 テトラサイクリン歯はテトラサイクリン系の抗生物質の副作用で変色した歯のことで、この抗生物質の投与量や投与時期などのより変色度合が違ってきます。変色度合が大きい場合にはほとんどホワイトニング効果が得られないのです。この様に、歯が白くない本当の原因を知らずにいくらセルフホワイトニングを頑張っても全くの無駄で、時間とお金を浪費するだけになってしまいます。テトラサイクリン歯の場合には、次の治療法があります。

【歯のマニュキア】

歯表面に白色の樹脂(コート剤)を塗布して本物の歯の色を隠してしまいます。ホワイトニング治療の不可能な人口歯、神経の無い歯にも使用できる上に、比較的安価で手軽です。ただ薄いコート皮膜なので耐久性に難点がある為、メンテナンスのサイクルが短くなります。

【ラミネートべニア】

歯の表面を薄く削ぎ、その部分にセラミックの膜(シェル)を張り付けます。マニュキアより強度があり、歯の厚みも変化しないので違和感がありませんが、人によっては健康な歯を削るのに抵抗が有るかもしれません。また強い歯ぎしりがある場合はシェルの破損が心配されます。

【クラウン】

歯全体を薄く削り、セラミックのかぶせをその周りに装着します。元の歯全体を覆うので、ラミネートべニアの様な破損の心配が少なくなりますが、やはり健康な歯を削らなければなりません。

【ティーシーズ】

自分の歯にフィットするように、精巧に作られた人工歯を、元の歯を削らずに歯の表面に張ります。 以上の治療は、マニュキアの一部で自分できるものがありますが、基本的に歯科医師のよる治療となります。これらの治療の様に他人の口の中に触れて作業をすることは、医療免許のある歯科医でないとできません。また歯や歯茎などの健康状態が悪いまま歯だけを白くするというのも、本末転倒で不自然ではないでしょうか。さらにはホワイトニングそのものも、歯医者で使われるホワイトニング剤は歯科医師にしか使用許可されていない医療用なので、セルフホワイトニングでは得られない大きな効果が期待できます。

自分の口の中の状態は案外本人には分からないものです。単に歯を白く綺麗に見せるだけではなく、本当に魅力的な口元を望むのなら、歯や歯茎など口中の健康が不可欠です。その上でホワイトニングを始めとする、自分の歯にあった方法で美しさをアップさせる為に歯を白くするのが正しい考え方でしょう。それならば歯科医院の扉を叩くことが最善ではないでしょうか。 私の場合はここまで本気ではないので、当面歯磨きだけはしっかりやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です