有馬温泉について

関西の方はよく行かれると思われる、兵庫県神戸市にある有馬温泉は、少し変わった構造で作られています。 活断層の有馬、高槻断層帯の西端にある有馬温泉は、割れている岩盤の割れ目を通り、地下深くから温泉水が湧出しています。 湧出する場所によって異なる泉質は3種類あります。褐色の塩化物泉は、塩分と鉄分が多く含まれています。 放射能泉は、ラジウムが多く含まれています。 炭酸水素塩泉は、炭酸が多く含まれています。 湧出口では透明な3種類の温泉水も、空気に触れると変化する色によって呼び方が異なります。 空気に触れると赤褐色になる鉄を含んだ塩化物泉は「金泉」と呼ばれ、透明なまま変色しない炭酸ラジウム混合低温泉は「銀泉」と呼ばれています。 また、有馬温泉の泉源は、天神や有明、炭酸、太閤、極楽などです。 六甲山地の北側にあたる紅葉谷山麓の谷間、標高350m〜500mに有馬温泉の温泉街があります。 温泉街には、標高500mの最後部に、紅葉の名所として知られている瑞宝寺公園や、有馬稲荷神社があります。 また、博物館では温泉寺御祖師庵のほか、玩具や切手の博物館もあります。 さらに、有馬四十八滝などの景勝地や、舞踊、お囃子などの芸を披露する芸妓屋が集まっている、上七軒や先斗町などの花街もあります。 温泉街の外湯には、「金泉」の“金の湯”と、「銀泉」の“銀の湯”、温泉テーマパークの“太閤の湯”があります。 毎年1月9日に開催されている献湯式は、えびす神社の総本山である西宮神社に温泉の湯を運び、有馬温泉の商売繁盛を祈願しています。 泉質が異なる温泉だけではなく、有馬温泉には炭酸煎餅や炭酸饅頭、サイダーのほか、多くの名産品があります。 有馬籠は、現在、竹芸有馬籠「くつわ」のみで製造されている茶道具です。 有馬地区で作られてきた書画用の人形筆は、伝統的な技法によって手作りされており、兵庫県の重要無形文化財に指定されています。 名産の黒豆を使ったタルトや、プリン、豆腐などもあります。

3倍速で見た「遺留捜査スペシャル」

先日放送されていた「遺留捜査スペシャル」という2時間ドラマを見てしまいました。
ドラマはあまり見ないため詳しくはないのですが、人気があるシリーズのうえ面白そうだという前評判も見て、久しぶりに録画しました。

主演は、上川達也、同僚の刑事に栗山千明、民俗学者がえなりかずきと配役はまずまずです。

ストーリーは、今話題の仮装通貨取引のハッキング被害と村おこしをした過疎地の天狗伝説、殺人事件という違和感のある組み合わせですが、マイニング施設は地方の気温が低い山奥に建設されているため、あながち奇想天外なお話ではなさそうです。
栗山千明が出演していることから、きっとミステリアスなお話なんだなと思い少し期待していましたが、冒頭から3倍速で飛ばすことになりました。

現代の日本でもまだ山奥の過疎地には、色々な民族的な問題が昔のまま秘められているなか、最先端のIT施設との混在が妙に納得するような、そうでないような、現実的に何かしら起きてもおかしくないことを予感させる不思議な設定でした。

ストーリーは、殺人事件の被害者の天狗の天命にしろ、犯人と村人の限界過疎問題にしろ、盗まれた仮装通貨の行方にしろ全て中途半端な感じで、結末はバッドラックです。
良い感じで話は終わるのですが、最後の十数分の種明かしは、主演の上川達也が同じカメラの位置から独説し続けます。

ドラマ中の天狗の掛け軸が洋画風であったり、かなり前に放送されていた「踊れドクター(これも凄かった)」に使用されていたクリアボードがセットで使われており、デスク周りに変な小物が置いてあったりといろいろ気が散ります。
天狗の絵本の出来が妙に良かったり、被害者の目的や手段、いきさつに面白味があり、栗山千明もちょっときれいな人なので、服装やヘアといいもったいない感じでした。
えなりくんも何でいたのか分かんないですよお〜!ほのぼのしてて良かったですが。

このような変な話を健康的にまとめている上川達也の健全な存在感が、今更ながら凄いと思いました。
全く無駄な内容なのか、と言うとそうでもないような…。
「踊れドクター」は、早期発見治療ができる総合診療科の大切さでしたが、「遺留捜査スペシャル」は何だったのかな?!

囲炉裏の思い出

四角く切り抜いた床の一角に灰を敷き詰め、薪や炭を燃やして暖房や炊事に使われる囲炉裏は、日本の伝統的な家屋にあります。 私はこの囲炉裏に2度出会ったことがありました。

大学時代、ハイキング部の春合宿初日に訪れた福島県の桧枝岐(ひのえまた)にある蕎麦店の部屋で初めて囲炉裏と出会いました。
早朝、都内を出発した私たちは、電車とバスを乗り継ぎ、桧枝岐に到着したのは夕方でした。 当時、桧枝岐は福島県の中で、東京から最短距離の位置にあったにもかかわらず、これまでの合宿の中で到着までに最も時間がかかってしまいました。
キャンプ場にテントを張ったあと、行き先を告げられないまま先輩に連れて行かれ到着したのは、立派な歴史が感じられる大きな一軒家でした。 春とはいえ桧枝岐はとても寒かったですが、通された部屋に入ると、私の体は暖かさに包まれました。 初めて見た囲炉裏は、その部屋の中央にあり、天井から吊るされた大きなヤカンのお湯は「ぐつぐつ」と音を立てて沸いていました。 囲炉裏を囲んで座り、しばらくすると運ばれてきた盛り蕎麦で、この一軒家が蕎麦店と気づきました。 手打ち蕎麦に舌鼓を打ったあと、蕎麦湯と囲炉裏で沸かしたお湯で入れたお茶をいただきました。 この蕎麦店の美味しさと囲炉裏の暖かさで英気を養い、活力を得たことは言うまでもありません。

1986年に電気と電話が開通したほど、栃木県の中で最も山深い場所にあり、「最後の秘境」と言われている奥鬼怒温泉郷を妻と訪れたことがありました。 鬼怒沼湿原を往復したあと宿泊した日光沢温泉の居間でも、2度目の囲炉裏に出会いました。
私たちが訪れた9月の日光沢温泉は、夕方になるとこごえるような寒さでした。 しかし、温泉に入り疲れを癒したあと、のんびり過ごした囲炉裏のある部屋はとても暖かく、湯冷めどころかむしろ汗をかくほどポカポカしていました。
私たちと何人かの客が取り囲んだ囲炉裏では、天井から吊るされた大きなヤカンのお湯が沸騰し、串に刺した川魚が焼かれている途中でした。 焼けた川魚はサービスでごちそうになり、沸騰したしヤカンのお湯でお茶とコーヒーをいただきました。 のんびり過ごした時間は、まるで都会の騒がしさからタイムスリップしたような世界でした。

山好きの私は、久しぶりに山奥の宿にある囲炉裏を囲んで、宿の主人や何人かの客と話がしたくなりました。

アイスティ

1. 冷えすぎて汗をかいたグラス

グラスに氷を入れたアイスティの冷えた感じというのが、どんな時美味しそう!!だと思うかという話から始まっていました。暑い夏の昼下がり、ドトールコーヒーの前を通った時におススメメニューの氷をたっぷり入れ汗をかいたグラスから美味しそう!だと思ったりします。暑い夏の太陽と氷をたっぷり入れたアイスティのグラス。夏のある日、冷たい紅茶は甘く、喉をスッと通り気持ちいい。身体の中から綺麗になる!と言ってお茶の種類が増えていく。増えすぎたからなのか、気づくとリプトンのアイスティを飲むのが日々、やめられないことになっていた。Wedgwoodのティーポットを購入し、紅茶は葉から丁寧に淹れよう!と思ったのだが、ティーポットを買う前ほどお茶が揃わなくなった。器だけで中味がないんだよ!と政治家の先生などが言い争っているとそれらしくは聞こえたのだが、もう既にスラム街の子供がおんなじことを言っていたりする。随所に現れるその器だけで中身が無いという言葉は、食器を買えば食物を買わないはずだよと言われ、ブランドものを買えばある朝箱の中身が空っぽになっていたりで、警察沙汰ばかりのトラブル続きだ。トラブルに愕然とすること幾度としれずとも、日々は続いていくのである。冷えすぎたアイスティを飲む幸せは、夏が過ぎ秋が深まっていっても続いた。期間限定のリプトンのぶどうや桃のアイスティは身体の中から良い香りがする!と言って綺麗になるような気がした。本日特価!79円も記録的に続いており、毎日スーパーマーケットに行くのが楽しみだ。

2. 冷え過ぎたグラス

冷え過ぎたグラスについての話になる。グラスと言ったらバカラ。特徴のあるカットがグラス一つで存在感を放つ。そんな物の存在感と光なる輝きをグラスはよく現しているものだ。手に持ったグラス一つでどれだけ違う人生になるのか?とよく聞きました。けれども、グラス一つだけ本物のバカラを購入して人生が変わるほどのことがあるか?というとそんなことはなかったのではないかと思いました。名前の出る社長などがよく見かける普通のお爺さんに吸い込まれて普通のお爺さんだったのか!と仰天することがあるのですが、グラス一つで社長に追随したつもりの人がいたという話でしょうか。 先日、ヤフオクでリボンのイラストも可愛い!ティファニーの素敵なグラスをみかけました。可愛い!コレ!が欲しかったんだ!!と思いました。まだまだ、購入するのは先の話になりますが、変わらず素敵!であることが素晴らしいですね。アクセサリーは、30点以上盗難に遭い愕然続きでした。気を取り直してまた購入するのはいつになるかはわかりません。ですが、変わらず素敵だな!と見かけるたびに思うのでした。広告を見ては欲しい!と思っていたティファニーのエンゲージリングは夢が叶わなかったのですが、普段身につけるアクセサリーは、吟味して購入したいです。冷えたグラスから喉が渇いた冷たいアイスティが飲みたい!と思うこととティファニーの店頭で場違いな感じの引き出物の箱を見かける驚き!の大きさというのが、言われていたような幸福ではなく不幸の大きさを示していました。場違いな感じを見かけることがないと思って生きていたのですが、不幸なるものとして随所で見かけては驚愕に次ぐ驚愕でした。引き出物ですから当のカップルは幸せだったのかもしれませんが、その貧しさのようなものが極端で恐いと思いました。店頭までは来ないと思っていたのですが、来るんですね。恐いですね。

マンガ「銀の匙」

「鋼の錬金術師」で有名な女性漫画家、荒川弘(あらかわひろむ)が生んだ「銀の匙」は、北海道の「大蝦夷農業高等学校」を舞台にした学園マンガです。 有名な中高一貫の進学校に通っていた主人公の八軒勇吾が、激しい競争に敗れ、家族ともうまくいかず、全寮制のこの高校に入学します。 畜産などの特別な授業、家畜の世話、馬術部などの慣れない生活に、サラリーマンの家庭に育った主人公が、必死に食らいついていきます。 しかし、そんな苦しいことだけではなく、頑張った分だけ楽しいことや嬉しいことも経験していきます。 個性豊かなキャラクターの周りの仲間たちも、話を盛り上げていきます。

このマンガの特徴は、北海道独特の大自然と、都会では経験できないゆっくりとした時間の流れを味わえることです。 複数のイベントが同時に発生することがほとんどないわかりやすいストーリーは、登場人物にも感情移入しやすく、セリフ過多でないところも読みやすさのポイントです。 自家製の食べ物が、本当に美味しそうに見えるくらいきれいな絵のタッチは、現実味があります。

このマンガは、面白いだけではなく「いずれ殺してしまう豚をどんな気持ちで育てるのか」というような様々なことを考えさせられるシーンが登場します。 普段何気なく食べている肉も、動物が犠牲になってくれた証であり、感謝していただかなければいけません。

実家の借金が原因で離農が決まった駒場の中途退学、大学卒業を条件に馬の仕事に就くことを認められた御影など、クラスメイト達も人生を悩みながら前向きに進んでいきます。 そんななか、進路を決めかねる八軒は果たしてどのような道に進んでいくのか、今後の展開に目が離せません。

マウンテンバイク(MTB)で落車(転倒)した思い出

私は数年前、ある大きなMTB100キロレースに参加したことがあります。
普段は一般の人が入ることができない林道を、何百人という沢山の人と一緒に競争するのです。
上位を狙っている選手はわかりませんが、私は100キロ走りきれるかどうかの自分との戦いでした。
およそ8~9時間かけて山の中を走るので、背中に沢山の食べ物と水2リットルをリュックに入れて走りました。
初めは、路面も土で安定して走れました。しかし、何分もしないうちに少しずつ路面に石ころが目立つようになっていきました。あっという間にこぶし大の石がごろごろとした路面に変わっていったのです。なるべく石にタイヤが乗り上げないように、慎重に走っていきます。下に渓流を見ながら、ガードレールのない道を走ります。そして、どんどん山を登り、そして下るといったことを繰り返しながらゴールを目指しました。
6時間走った頃になると、体を動かすことがつらく、限界を感じだしました。
そういう時にアクシデントは起きるものです。落車です。ちょっとした木の枝に前輪が乗り上げ、それが上り坂だったせいでタイヤが乗り切れず倒れてしまいました。ビンディングという足を固定する器具をつけていたので、そのままバタンと路面に叩きつけられました。これが一回目の落車です。
ゴール直前にもう一回落車しました。
コース最後のカーブで、運営側が道路を整えるための砂利を貯めておいた場所に、下り坂だったこともあって、勢い余って突っ込んでいきました。そのとき、前輪が砂利にめり込み曲がりきれず、このときは大転倒しました。
自分がどのようにして転んだかもわからないほどでした。気が付いたら、自転車の一部も壊れ、レース用ジャージのいたるところが破れたり、体も擦り傷が沢山できたりして、ちょっとしたハプニングになりました。
周りには誰もおらず、ゆっくりとビンディングを外して起き上がり、気をとりなおし再スタートしました。
落車した場所からゴールは近く、そこからはあっという間でした。
そもそもMTBは、悪路を走るための自転車で、落車を前提に走るようなものです。もちろん誰も転びたくはないですが。
結局私は、2回落車しました。これもいい思い出です。

ホワイトニングでは白くならない歯があります

妻に黄色いと言われ、ホワイトニングってのがあった筈と調べてみました。一口にホワイトニングといっても奥が深いのですね。歯の黄ばみに悩んでいる方の参考になれば幸いです。 自分でホワイトニングを行うセルフホワイトニングは、安価で手軽なので始め易い方法ではあります。しかし歯が白くない原因によっては、ホワイトニングでは白くすることが不可能な場合があるのです。 テトラサイクリン歯はテトラサイクリン系の抗生物質の副作用で変色した歯のことで、この抗生物質の投与量や投与時期などのより変色度合が違ってきます。変色度合が大きい場合にはほとんどホワイトニング効果が得られないのです。この様に、歯が白くない本当の原因を知らずにいくらセルフホワイトニングを頑張っても全くの無駄で、時間とお金を浪費するだけになってしまいます。テトラサイクリン歯の場合には、次の治療法があります。

【歯のマニュキア】

歯表面に白色の樹脂(コート剤)を塗布して本物の歯の色を隠してしまいます。ホワイトニング治療の不可能な人口歯、神経の無い歯にも使用できる上に、比較的安価で手軽です。ただ薄いコート皮膜なので耐久性に難点がある為、メンテナンスのサイクルが短くなります。

【ラミネートべニア】

歯の表面を薄く削ぎ、その部分にセラミックの膜(シェル)を張り付けます。マニュキアより強度があり、歯の厚みも変化しないので違和感がありませんが、人によっては健康な歯を削るのに抵抗が有るかもしれません。また強い歯ぎしりがある場合はシェルの破損が心配されます。

【クラウン】

歯全体を薄く削り、セラミックのかぶせをその周りに装着します。元の歯全体を覆うので、ラミネートべニアの様な破損の心配が少なくなりますが、やはり健康な歯を削らなければなりません。

【ティーシーズ】

自分の歯にフィットするように、精巧に作られた人工歯を、元の歯を削らずに歯の表面に張ります。 以上の治療は、マニュキアの一部で自分できるものがありますが、基本的に歯科医師のよる治療となります。これらの治療の様に他人の口の中に触れて作業をすることは、医療免許のある歯科医でないとできません。また歯や歯茎などの健康状態が悪いまま歯だけを白くするというのも、本末転倒で不自然ではないでしょうか。さらにはホワイトニングそのものも、歯医者で使われるホワイトニング剤は歯科医師にしか使用許可されていない医療用なので、セルフホワイトニングでは得られない大きな効果が期待できます。

自分の口の中の状態は案外本人には分からないものです。単に歯を白く綺麗に見せるだけではなく、本当に魅力的な口元を望むのなら、歯や歯茎など口中の健康が不可欠です。その上でホワイトニングを始めとする、自分の歯にあった方法で美しさをアップさせる為に歯を白くするのが正しい考え方でしょう。それならば歯科医院の扉を叩くことが最善ではないでしょうか。 私の場合はここまで本気ではないので、当面歯磨きだけはしっかりやっていきます。

ボーリングは何歳から?

最近、主人はボーリングにはまっており、マイボールとマイシューズを準備する程の力の入れようなんです。
でも、そのわりにはスコアは若い頃の私と同じぐらいで、全然大したことはありませんが、とにかく楽しいみたいです。
そんな主人の願いは、息子と私を連れてボーリングに行くことなんだとか。
でも、ボーリングは何歳から楽しめるのでしょう?
うちの息子は5歳ですが、ボーリングデビューができるのはいつ頃なのか調べてみました。

【足の大きさが決め手】

ボールが重たいし、騒がしいし、ボーリング場に子どもを連れていって大丈夫かな?
もし、そんな心配をしているなら、それはどうやら要らないようです。
最近はファミリー層をターゲットにし、積極的に子どもと一緒に親子で楽しめるサービスの充実したボーリング場がたくさんあります。
例えば、子ども用に大変軽いボールを用意し、そのボールには指穴を5個空けて持ちやすくしてあります。
ガターを持ち上げて落ちないようにするノンガターレーンやバンパーの出し入れが可能なバンパーレーンも導入されていますので、幼児でもピンを倒せます。
そして、レーンへボールを簡単に転がせる滑り台のような補助台もあるし、レンタルシューズは16cmから用意してあります。
禁煙のボーリング場も増え、子ども料金の設定もありますので、レンタルシューズが履ける年齢なら充分楽しめそうです。

【プレイ前にしておくこと】

爪は短く切っておき、靴下を履いておきましょう。
そして、子どもにルールを教えておくことが大切です。
ボールを投げてピンを倒すだけの単純なゲームですが、気をつけたいポイントについて知ってもらわなくてはいけません。
まずは、ボールは重くて危ないということ。
足に落として怪我をしないように、小さい内は両手で投げるように教えます。
次にマナーですが、隣の人が投げている時は、その人が終わってから投げましょう。
二球投げたら、次の人に交代することも教えておけば充分でしょう。

時間制限がなく、マイペースでプレイできるのがボーリングの強みです。
疲れたらジュースでも飲んで、のんびりゲームを進めましょう。

花粉症にべにふうき茶は効くのか

ひどい花粉症に悩んでいます。今までにいくつものものを試してみましたが、効いたものでも二か月もすると効果が無くなってしまいます。医者から処方された薬でも一週間で効き目はほぼなくなってしまいます。今までで一番効果が長かったのは和歌山で採れるじゃばらという果実の果皮を粉末化したものでした。使い始めてすぐに花がスーッと抜けて快適だったのですが、その効き目はだんだんと薄れていき二か月目には完全に効かなくなりました。そんな中で次に試したのがべにふうき茶です。ネットのレビューでは聞いた人の割合はほぼ半分くらいの印象でしたが、効き方の描写が気になりました。鼻がスースーするという意見が多かったのです。これは過去に効いたものに似ているもので、くしゃみや鼻水の前に来る鼻のムズムズが取れる時に現れるんです。ただ種類が色々あってどれにするかに迷ってしまいました。産地が静岡と鹿児島に分かれ、形状が粉末と通常の茶葉に分かれていました。少し冒険をしてみようと思い全ての種類を一度に購入してみました。というのもアマゾンでプライム特典の適用が受けられない商品だった為何とか2,000円をオーバーする必要があった為です。商品は三日以内に全て届き、大体予想通りの見た目でした。四種類もあるので順番に朝、昼、晩と三回飲んでみる事にしました。初回の感想はほんの少し花がすっとしたくらいでムズムズが消えるわけでもなく、少し期待外れの感がありました。それでも現在の所他には試すものすらありませんのでとりあえず飲み続ける事にしました。一週間を経過した時点でくしゃみの回数が目に見えて減りましたが、ムズムズはあまり変わらない感じでした。効き目が実感出来れば続けるのは簡単になりますから、その後一か月は楽に飲むことが出来ました。というのは味があまり良くないというのか、好みでは無かったからです。一か月後にはムズムズもほとんど気にならないレベルまで到達しました。そして問題は二か月目とその後でしたが、三か月を経過した現在でも効き目は継続しています。しかも一日に二杯飲めば十分になったのです。味にも慣れてきたので、緑茶の替わりに飲んでいますが、これだけ効き目が継続しているのは快挙です。後はいつまで続いてくれるかだけです。